オリジナルTシャツはライブ

ホーム好きでオリジナルTシャツを着ている→オリジナルTシャツを着ていても、分かる人には分かる

オリジナルTシャツを着ていても、分かる人には分かる

オリジナルTシャツとマイケル・ジャクソンのデザインを好む人は世界中で多いようです。

テレビを見ていても、果たして私服なのか、それとも衣装さんが用意したものなのかは分からないものの、マイケルをバーンとデザインしたものを着ているタレントさんが多くいます。

たいていは、私はマイケルの熱烈なファンでした、という人が、さすがにマイケル・ジャクソンのオリジナルTシャツを着ていることが多く、その歌声やダンスばかりでなく、一風変わった外見にも人気があったのだと思います。

私なんかは、黒人そのものだったころのマイケルを知っていますから、どんどん肌の色が白くなり、白人のようになっていくのを、複雑な気持ちで見ていたものです。

最近デザインされているマイケルは、黒人とも白人とも区別がつかない派手な服装に魅力を包み、頭にはハットというデザインで、顔がはっきり見えないことが多いので、これならオリジナルTシャツを着ていても、分かる人には分かる、という感じかなと思います。

いずれにしても、もう二度とあの歌声を新しく聴くことはないと思うと、マイケルをオリジナルTシャツにプリントし、覚えておきたいと思うファンの気持ちは当然だろうと思います。